葛ヶ丘歯科でのインプラントシステム

[ 掛川口腔外科インプラントセンター ]

インプラントとは

インプラント治療ともいわれ、歯の抜けた部分のスペースにインプラント(人工歯根)を埋入し、その上に支台部と人工の歯を固定する治療法です。
従来考えられているような痛い、怖い、というイメージとちがいインプラント自体も非常に小さくなってきているためとてもシンプルで簡単に治療を受けていただくことができます。

インプラント治療

歯が1本抜けた場合
インプラント治療 歯が1本抜けた場合
従来の治療 歯が1本抜けた場合
健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。  まわりの健康な歯を削ってブリッジにします。
歯が数本抜けた場合
インプラント治療 歯が数本抜けた場合
従来の治療 歯が数本抜けた場合
針金付きの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。 入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。
歯が全部抜けた場合
インプラント治療 全部抜けた場合
従来の治療 歯が全部抜けた場合
数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。 入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

インプラントに関するQ&A

Q1.治療費はどのくらいかかりますか?

1歯10~20万円位(税別)からできます。値段に差があるのはインプラント(人工歯根)にかぶせる歯の材質により変わるからです。人工の歯は金属製(シルバークラウン4万円[税別]~)、エステクラウン製(白)(ホワイトクラウン5.5万円[税別]~)、セラミック製クラウン(セラミックスピュワーホワイトクラウン8.5万円[税別]~)があります。当院では歯茎にインプラント(人工歯根)を入れる治療費(1本15万円[税別]~)と、それにかぶせる人工の歯の代金を別にしており、個々の患者様のニーズに合わせて選択できるようになっております。

当院ではインプラントの無料お見積もり受け付けております。
ご希望の方はページ下にあります「メールによるお問い合わせ」をご利用下さい。

Q2.痛くないですか?

施術にあたり局部麻酔を行いますので痛くありません。インプラントに直接要する治療時間は2~3分ほどです。もともと歯があったスペースに埋入しますので、施術後の腫れや痛みは少なくても済みます。従来のように切開したり縫合したりしませんので、安心して治療を受けることができます。

Q3.治療にはどのくらい通院する必要がありますか?

上顎と下顎では通院回数も異なりますし、施術方法もいくつかあり、方法毎に通院回数は異なりますので、一概に言えませんが、インプラントのみに要する通院回数は通常は5~10回(2~3ヶ月)となります。過去の最短通院回数は3回でした。しかし、これはあくまでインプラントに関連した通院回数です。

Q4.インプラントは何年くらい持ちますか?また、取れませんか?

何年くらい持つかは患者様の歯の状態によって異なります。天然歯が残っている本数が多いほどインプラントの寿命も延びます。ただ口腔内の清潔状態が極端に悪いと、ばい菌が原因となるトラブルがもとで、インプラント周囲に炎症が生ずる事も考えられます。しかしちゃんと定期的なメンテナンスを行っていれば10年以上でも気持ちよく使用出来ます。次に取れないかという事ですが、施術が成功したものについては前述したトラブル等による以外取れることはまずありません。インプラントの施術成功率は95%以上ですので、ほとんど成功ですが、万が一つかなかった時は、再施術させて頂きます。(Q5を参照下さい。)

Q5.アフターケアについて教えて下さい

インプラントによる歯も天然歯と同様、日々のブラッシングが大切です。当院では歯科衛生士による正しいブラッシング指導を行っておりますが、治療後の定期的なメンテナンスとして月に一回の来院をお勧めしています。なお、万が一インプラントがつかなかった時は、再度インプラントの種類や手法を変えて入れさせて頂きます。
(再施術の料金は無料です。)

Q6.他とくらべてインプラントの費用がかなり安いように感じますが、どこがちがうのでしょうか?

特に意識したことはないですが20年近くこの費用でずっと治療させていただいてきました。今後も可能な限りこのインプラント治療の体制は維持していくつもりです。インプラントの種類はITIというスイス製のインプラントを用いています。
現在最も広く使われているインプラントの一種類で、非常に簡単で安心して施術ができます。